食べる

大森に「神戸 かつ丼吉兵衛」 品川エリア初出店、デリバリー専門で

「神戸 かつ丼吉兵衛」の厨房(写真提供=神戸 かつ丼吉兵衛)

「神戸 かつ丼吉兵衛」の厨房(写真提供=神戸 かつ丼吉兵衛)

  • 38

  •  

 「神戸 かつ丼吉兵衛」(品川区南大井6、TEL 03-5753-5382)のオンラインデリバリー専門店が大森エリアにオープンして2カ月がたった。運営は吉兵衛(兵庫県)。

 同ブランドは1979(昭和54)年に創業。三宮本店を含め、関西に実店舗9店を展開する。2020年10月に宅配専門の新業態を立ち上げ、現在は全国でオンラインデリバリー専門店を10拠点で展開する。品川エリアの出店は初めて。

[広告]

 コンセプトは「かつ丼で活力を!!」。社長の上林守さんは「2020年4月の緊急事態宣言時、店舗を閉めてデリバリーのみ営業したところ、多くのお客さまから喜びの声を頂いた。デリバリーはウィズコロナ時代に求められている営業形態の一つだと感じ、事業展開を始めた」と説明する。

 大森店は、学生時代に「かつ丼 吉兵衛」の常連客がオーナーとなって開店した。「吉兵衛のかつ丼を関東の人にも食べてもらいたい」というオーナーの熱意と、同社のかつ丼に懸ける思いが一致し、オープンに至ったという。

 注文はインターネットで受け付ける。対応サービスは、Uber Eats、DiDi Food、出前館ほか。メニューは注文を受けてから各店舗の厨房(ちゅうぼう)で調理する。上林さんは「歯応えとコクのある豚の肩ロースを使う。玉ネギを入れず、天然だしと卵でとんかつをとじた、シンプルな仕上がりが特徴」と話す。

 メニューは、人気ナンバーワンの「玉子とじかつ丼」(並盛り=1,080円)のほか、「韓辛味噌(みそ)マヨかつ丼」(同=1,200円)、「ソースかつ丼」(同=1,140円)などを提供する。小盛り=50円引き、てんこ盛り=100円増し、「だぶる」=500円増し。「カレーかつ丼」(並盛り=1,270円、てんこ盛り=100円増し)や、サイドメニューの「とんかつ」(1枚=580円、3枚=1,680円)も。

 「今後はメニューの拡充や品質の向上に努めていく」と上林さん。「かつ丼がお客さま一人一人の活力の糧になれば。ぜひご賞味を」と利用を呼び掛ける。

 営業時間は、平日=11時~14時、17時~23時、土曜=16時~23時。日曜・祝日定休。配達エリアは、店舗より半径約3キロ圏内の品川区~大森周辺エリア。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース