食べる

東五反田に居酒屋「レモホル酒場」 東京初出店、卓上レモンサワー飲み放題も

「レモホル酒場 五反田店」の内観

「レモホル酒場 五反田店」の内観

  • 42

  •  

 「レモホル酒場 五反田店」(品川区東五反田1、TEL 03-3446-5350)が東五反田エリアにオープンして2カ月がたった。経営はGC(港区)。

店長の生田稜さん

 九州・関西エリアを中心に展開する同ブランドで、渋谷店とともに都内初出店。店主の生田稜さんは、九州や関西の店舗立ち上げにも関わる。

[広告]

 全卓にレモンサワーのサーバーを備え付け、天井にはネオンカラーの照明とちょうちんを並べる。生田さんは「ネオ大衆酒場として、目でも楽しんでもらいたい」話す。店舗面積は約11坪。席数は約30席。

 フードメニューの「生ホルモン食べ放題(60分)」(1,628円)は、各部位の色合いで盛り付ける「赤盛り」と「白盛り」、数量限定の「焼きレバー」、「センマイ刺し」から選んで注文する。レバーは好き嫌いが分かれる部位のため、「赤盛り」には含めず別皿で提供するという。

 そのほか、「厚切り牛タン」(328円)、牛ハラミ(218円)、テークアウトメニューの「モツ煮」「モツカレー」(以上540円)、「レモホル酒場のポテサラ」(324円)も。

 ドリンクメニューは、卓上サーバーから自由に注げる「勝手にレモンサワー飲み放題」(60分550円)、生ビール(495円)、ビールの泡にイラストを描く「アートビール」(495円)、ハイボール(385円)、赤ワイン、白ワイン(以上495円)、ウーロン茶、ジンジャエール、コーラ(以上275円)などを用意する。飲み放題用のグラスには、同店のマスコットキャラクター「ほるもんきー」のイラストも。グラスと内装を合わせて写真に収める来店客が多いという。

 生田さんは「五反田には中年男性が集まるイメージを持つ人もいるかもしれないが、レモホル酒場を起点に若い方にも新しい『五反田飲み』の楽しさを伝えていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時30分~15時、16時~20時。新型コロナウイルス感染症の対策として、スタッフはマスクの着用、手指消毒と検温を行う。

 東京都における緊急事態措置等に伴い、4月25日から5月11日までは酒類の提供を行わない。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース