見る・遊ぶ

大井町のキャッツ・シアター閉館 キャッツ発着ベル終了、駅には感謝のメッセージも

JR大井町駅構内のメッセージボード(写真提供=JR東日本)

JR大井町駅構内のメッセージボード(写真提供=JR東日本)

  • 67

  •  

 大井町駅近くの「キャッツ・シアター」(品川区広町2)が6月20日に閉館し、品川区から劇団四季専用劇場が姿を消した。

「キャッツ・シアター」外観(写真提供=劇団四季、撮影=下坂敦俊)

[広告]

 キャッツ・シアターは、2018(平成30)年8月にオープン。ノーベル賞作家T.S.エリオットの詩集「Old Possum's Book of Practical Cats」を基に、作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーらによって作られたミュージカル作品「キャッツ」の専用劇場として建設された。

 舞台と客席には、猫の視点から見た世界を表現。実物の3倍サイズのごみのオブジェを約3000点設置し、中には品川観光大使「シナモン」のぬいぐるみや「しながわ水族館」のチケット、大井町行きのSuicaなど、「ご当地ごみ」も仕込まれていた。

 2019年3月には同劇場で、日本公演通算1万回を達成。最終公演は1万620回目の上演となった。

 りんかい線大井町駅では発着ベルとして、キャッツの音楽「メモリー」「スキンブルシャンクスー鉄道猫」を使っていたが、21日10時30分をもって終了。りんかい線オリジナルの発車ベルに変更した。

 JR大井町構内では現在、劇団四季への感謝を込めたメッセージボードが掲出されている。制作に携わった駅員は「学校行事で劇団四季を見に行った当日に東日本大震災が発生し、スタッフの皆さんに親切に助けてもらった。メッセージボードによって、劇場やスタッフの皆さんへの感謝を伝えられ、とてもうれしい」と思いを寄せる。掲出は26日ごろまでの予定。

 隣接した四季劇場「夏」は6月12日に閉館。劇場跡地は東京オリンピック開催後、JR東日本によって「大井町周辺広町地区開発」計画が進められる。キャッツの次回公演は7月、福岡キャナルシティ劇場で開幕予定。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース