食べる

不動前にラーメン店「ぶるんちょ」 居酒屋「みずすまし」を父から継ぎ、二毛作営業に

店長の横沢守さん

店長の横沢守さん

  • 54

  •  

 ラーメン店「#ぶるんちょ!」(品川区西五反田5、TEL 03-3491-0942)が不動前駅近くにオープンして3カ月がたった。

「濃厚味噌味玉らーめん」(850円)

[広告]

 居酒屋「みずすまし」の新業態で、同エリアの「貝出汁(だし)らぁ麺 麺屋おお庭(ば)」(西五反田5)姉妹店。昼は「#ぶるんちょ!」、夜は「みずすまし」として、二毛作営業を始めた。

 昼業態を始めるに当たり、ガラス戸や窓を設置するなど改装し、気軽に入れる雰囲気を意識したという。店舗面積は約21坪。席数は店内=14席、テラス=5席。

 出店の経緯について、店長の横沢守さんは「父が30年間経営してきた居酒屋の営業がコロナ禍で難しくなった。父から引き継いだ店を守っていくため、曙橋のラーメン店で修業経験のある兄と共に、昼間はラーメン店として営業することに決めた」と話す。酒類が出せない期間は、夜も「#ぶるんちょ!」として営業するという。

 看板メニューの「濃厚味噌(みそ)ラーメン」は、スパイスやニンニクを使い、札幌産の黒みそをメインに6種類のみそをブレンドする。「濃厚塩らーめん」(以上750円)や、「みずすまし」の定番メニュー「ドライカレー」(850円)、「濃厚(味噌・塩)らーめん&ミニドライセット」、「濃厚(味噌・塩)チャーシュー麺」(以上1050円)、「濃厚(味噌・塩)味玉らーめん」(850円)も。

 トッピングは、味付卵や焼き豚(1枚)、バター、コーン、「ニンニク増」をそろえる。麺の大盛りや小ライス(以上100円)、ライス(150円)もある。

 ドリンクメニューはウーロン茶(150円)や「生中」(500円)、ハイボール、レモンサワー、梅サワー(以上400円)などを用意する。客単価は850円。

 今後の展望について「辛みそや白ごまみそのラーメン、日替わりラーメンなど新メニューを開発していきたい。オープン以来、お客さんの数は増え続けている。これからも、この調子で頑張っていく」と横沢さん。「感染症対策に気を配っているので、食べに来てほしい。『みずすまし』でもラーメンを提供するので、緊急事態宣言が明けたらお酒と一緒に」と笑顔を見せる。

 緊急事態宣言中の営業時間は11時30分~15時で、アルコールの提供を取りやめる。通常は11時30分~14時30分、17時~20時。緊急事態宣言に伴い、新型コロナウイルス感染症の対策として、入り口にアルコール消毒液、客席にしぶき防止のアクリル板を設置し、座席数を半分に減らすほか、店内の換気、スタッフのマスク着用を徹底する。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース