目黒のライブビストロがランチ営業開始-ディナーへのきっかけに

オーナーの吉田玉美さん(写真中央)とランチタイムのスタッフ。

オーナーの吉田玉美さん(写真中央)とランチタイムのスタッフ。

  •  
  •  

 目黒駅近くの「ライブビストロ 音の箱(ねのはこ)」(品川区上大崎2、TEL 03-3445-8569)が1月13日より、ランチ営業を開始した。

 同店は、ライブや生演奏を聴きながら食事を楽しめるビストロダイニング。劇団四季の音響主任が設計したという店内には、グランドピアノ、アンプ、ドラムセットなどの楽器・音響機器を完備し、土曜・日曜には店舗貸し切り(5時間5万円、サイトから要予約)も行う。ライブのない日のバー、レストランタイムにはカラオケ機器の利用が可能。坪数は45坪、席数は80席。

[広告]

 今回始めたランチメニューは、野菜のサラダ2種、パスタやライスなどを使ったメーン料理3~4種、デザート2種が食べ放題のビュッフェスタイルで提供する。料金は900円。2月末まで、ソフトリンクの飲み放題が付く。

 ディナーメニューは、手作りのトマトソースを使ったパスタ「スパゲッティ・アル・ポモドーロ」(1,300円)やピザ「フレッシュトマトのマルゲリータ」(1,300円)、「高菜とじゃこ 大葉のまぜご飯」(900円)などを用意。スパゲッティとピザは女性に、まぜご飯は男性に評判が良いという。ディナーの客単価は2,000円。ライブ時のミュージックチャージは3,000円(飲食代は別途、1フード、1ドリンクの注文が必要)。

 もともと音楽が好きで、ライブハウスを訪れることも多かったというオーナーの吉田玉実さんは「4月で5周年を迎えるが、広い空間でライブを聴きながら、おいしい料理を味わえる店づくりを目指している。夜の料理が好評だったので、ランチの営業を開始した。ランチタイムから、ディナータイムへの集客につなげたい。」と期待を寄せる。

 営業時間は、ランチ(平日のみ)=11時30分~14時(50食限定、料理が無くなり次第終了)、ディナー(火曜~金曜)=18時~23時。土曜・日曜は不定休。祝日定休。

  • はてなブックマークに追加