大井町におでん居酒屋-家族で経営、ミニ屋台で京都風おでん提供

オーナーの米川江利子さんと料理担当の洋子さん。店名の「十五だん」は同店が入居するビルの2階までの階段数に由来する。

オーナーの米川江利子さんと料理担当の洋子さん。店名の「十五だん」は同店が入居するビルの2階までの階段数に由来する。

  •  
  •  

 JR大井町駅中央口正面の大通りを1本入った路地に居酒屋「キッチンバー十五だん」(品川区大井1、TEL 03-3777-1509)がオープンして約2カ月が過ぎた。

「家族会議ができるような」ゆったりしたスペースの店内

 おでんをメーンにした同店は、品川区在住の米川江利子さんが家族で経営する。店内にはおでんの屋台を置き、子どもから大人まで近隣住民が「ほっとくつろげる空間を提供」(米川さん)している。店舗面積は約32平方メートルで、席数はカウンター=4席、テーブル=20席。

[広告]

 料理を担当するのは、米川さんの母親で、飲食店勤務の経験がある洋子さん。さっぱりした京都風のおでんを用意し、大根(200円)、ちくわぶ(200円)、牛すじ(400円)、こんにゃく(100円)、ロールキャベツ(350円)などが人気だという。ドリンクは生ビール(500円)、ソフトドリンク(350円)、焼酎(500円~)、果実酒(450円)などをそろえる。

 米川さんは「今後は、おでんに合う地方の地酒を取り入れていきたい。お子さん連れや女性のお一人さまも大歓迎。おでんを囲みながら家族会議ができる店になれれば」と話す。

 営業時間は17時~23時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加