五反田に博多ギョーザともつ鍋がメーンの居酒屋-都内7店舗目

店内の様子。「603(ロクマルサン)」は、酒博多の老舗中華レストラン「日本浪漫座」(福岡市中央区)の「ろまんざ」から取ったという。

店内の様子。「603(ロクマルサン)」は、酒博多の老舗中華レストラン「日本浪漫座」(福岡市中央区)の「ろまんざ」から取ったという。

  •  
  •  

 JR五反田駅西口近くに5月27日、ギョーザともつ鍋がメーンの居酒屋「博多餃子舎603(ろくまるさん)五反田店」(品川区西五反田1、TEL 03-5719-6032)がオープンした。

 経営母体は、酒の製造販売や飲食店事業を行う「酒のキンコー」(鹿児島県鹿児島市)。同社は、「博多餃子舎603」を展開しているアリアーヌ(福岡市中央区)とフランチャイズ契約を結び、都内で五反田店を含み4店の「博多餃子舎603」を展開している。「博多餃子舎603」としては都内で7店舗目。店舗面積は23坪で席数は66席。客単価は3,000円。

[広告]

 主なメニューは「博多純ひとくちギョーザ」(10個、483円)、「丸ごとエビちゃんギョーザ」(大6個、578円)、「明太チーズ餃子」(大6個、578円)、「塩もつ鍋」(1人前、1,124円)、「博多旨手羽唐」(473円)など。

 店長の東功治さんは「この辺では珍しいギョーザの居酒屋。羽付きで見た目もきれい。種類も豊富なのでぜひ足を運んでいただければ」と話す。

 営業時間は17時~24時(金曜・土曜は翌4時まで)。

  • はてなブックマークに追加