天気予報

32

23

みん経トピックス

中延に「フランスの食堂」品川・大井町に炭火焼き新店

大森駅東口に「薄皮餃子専門 渋谷餃子」 品川区初出店

大森駅東口に「薄皮餃子専門 渋谷餃子」 品川区初出店

トレーナー補佐の山崎雄さん(左から2番目)と店長の瀬戸卓至さん(中央)とスタッフ

写真を拡大 地図を拡大

 大森駅東口エリアに1月12日、「薄皮餃子(ギョーザ)専門 渋谷餃子 大森店」(品川区南大井6、TEL 03-5753-5341)がオープンした。経営は外食産業のチェーン展開を手掛けるアトラスアンドカンパニー(渋谷区)。

「薄皮餃子専門 渋谷餃子 大森店」の店内

 同店は都内5店舗目、品川区は初出店となる。店舗面積は約16坪、席数は31席。

 「渋谷餃子」の特徴は、独自で開発した薄皮だという。同社トレーナー補佐の山崎雄さんは「はじめは何もつけずに食べて、肉汁のジューシーさを味わってほしい」と話す。

 ギョーザメニューは、「焼き餃子」「水餃子」「揚げ餃子」(6個=290円)の3種類。それぞれニンニク、ニラなしを選べる。トッピングは、「黒酢しょうが」「大根おろし」「ネギ塩」(以上80円)。ギョーザは大皿(20個=880円、30個=1290円、40個=1680円)も用意する。「チャーハン」(480円)や「さっぱりおろしうどん」(280円)、「豚キムチ」(480円)なども。

 ドリンクは、「スーパードライ(生)」「ホッピー(白・黒)」「日本酒」(以上480円)や「ウーロンハイ」「レモンサワー」「男梅サワー」(以上280円)など。「ウーロン茶」「緑茶」「ジャスミン茶」(以上230円)などのソフトドリンクも提供する(価格は全て税別)。

 山崎さんは「渋谷餃子も認知度が上がってきて、オープン前から楽しみにしてくださるお客さまもいる。今後は街の一部に溶け込んだお店にしていきたい」と話す。

 営業時間は17時~翌5時(日曜は11時~23時30分)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

卵焼きは3種類の味付けを用意
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング