暮らす・働く

高輪台で仏教イベント「プチ・高野山カフェ」-瞑想や精進料理を体験

過去に行われた「高野山カフェ・プチ修行」をリニューアル

過去に行われた「高野山カフェ・プチ修行」をリニューアル

  •  

 高輪台の高野山東京別院(港区高輪3、TEL 03-3441-3338)で6月29日、仏教イベント「プチ・高野山カフェ in 東京別院」が開催される。主催は南海電気鉄道(大阪府大阪市)と高野山金剛峯寺(和歌山県伊都郡)。

 今年で8回目を迎える「高野山カフェ」のプレイベントとして、昨年から始まった「高野山カフェ・プチ修行」をリニューアル。従来との違いについて、南海電鉄事業戦略担当の渡邊浩伸さんは「物産紹介などの観光要素を拡充した。過去の物販で好評だった『角濱ごまとうふ総本舗』の地元スタッフにも来てもらう予定」と話す。

[広告]

 イベントでは、真言宗の瞑想(めいそう)法の一つ「阿字観瞑想」の体験講座を開催。当日講師を務める高野山真言宗の川上修詮さんは20年以上の指導歴を持つ。「高野山の僧侶たちが日々行う瞑想の入り口を、呼吸法などから分かりやすく教える。正しい知識を身に付けてもらえれば」と話す。

 そのほか、高野山で精進料理を気軽に味わえるようアレンジして提供する中央食堂さんぼう監修の特製「精進弁当」を用意する。また、来年4月から始まる「高野山開創1200年記念大法会」について、金剛峯寺の僧侶が解説する予定。

 「高野山は密教のイメージが強いと思うが、観光地としても魅力のある場所。大きな節目を迎えるタイミングなので、イベント参加者が実際に足を運んでもらうきっかけになれば」(渡邉さん)。

 イベントの開催時間は、午前の部=10時~13時30分、午後の部=15時30分~19時。定員は各部50人。参加料は3,800円。

参加申し込み受け付けは、6月9日12時より公式サイトで開始予定。

ピックアップ

ピックアップ