食べる

五反田に「ネット接続禁止」レストラン登場 「イモトのWiFi」が企画

スマートフォンを機内モードにし、ネット接続しないのがルール

スマートフォンを機内モードにし、ネット接続しないのがルール

  •  
  •  

 店内でのインターネット接続を禁止した「『イモトのWiFi』presents『つながらないレストラン』」が12月20日・21日、東五反田エリアの「レストランパフューム」(品川区東五反田4)で期間限定オープンする。

レストラン内の様子

 海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス「イモトのWiFi」を展開するエクスコムグローバル(渋谷区)が、スマートフォンの普及に伴い対面での会話やコミュニケーションが減っていることを受け、「人とつながる大切さを実感してほしい」との思いから企画した。

[広告]

 入店条件は、スマートフォンを機内モードに設定し、インターネット環境を遮断すること。12月11日から4日間に募集をしたところ340組から応募があり、そのうち20組(1組=2~4人)を抽選で選んだ。

 「レストランパフューム」では両日、南アメリカ大陸の「インカの目覚めのポタージュと焼きとうもろこし」やアフリカ大陸の「ダチョウ肉のローストのカルパッチョとクスクスのサラダ」など、「イモトのWiFi」にちなんで五大陸の食材を使ったオリジナルディナーコースを用意。料金は、客が食事代を自ら決めて支払う。売り上げ金はすべて「こども食堂」に寄付する予定。

 エクスコムグローバル社長の西村誠司さんは「海外用Wi-Fiルーターレンタルサービスを提供しているが、いつでもどこでも見境がなく、マナーのない『つながり』を勧めているわけではない。肝心な時、必要な時につながれることの大事さを感じてもらえれば」と話す。

 20日に参加した方は「友人のSNSのシェアを見て応募した。普段は仕事柄、食事中もスマートフォンを見てしまうので、ゆっくりと話せる機会ができてよかった」と笑顔を見せた。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ