食べる

旗の台に沖縄料理店「あちここ」 泡盛10種類、創作料理を提供

「Aticoco(あちここ)」外観

「Aticoco(あちここ)」外観

  •  
  •  

 沖縄料理店「Aticoco(あちここ)」(品川区旗の台2、TEL 03-6426-2743)が6月1日、旗の台駅近くにオープンした。

「Aticoco(あちここ)」の沖縄・創作料理各種

 店主は、沖縄出身の木村邦治(くにはる)さん。創作和食店や沖縄料理店で20年間修業を積んだという。店内は茶色と白色を基調とし、落ち着いた雰囲気を大切にした。店舗面積は12.7坪、席数はテーブル16席、カウンター5席。

[広告]

 店名は、沖縄方言で「熱々ほかほか」を意味する「あちこーこー」から。木村さんは「料理はもちろん、来店いただいたお客さんの心も熱々ほかほかになる店づくりをしている。沖縄料理と創作料理、沖縄の美酒を楽しんでもらいたい」と話す。

 フードメニューは、仕入れによって変わる「本日の貝のぬた和(あ)え」や「いぶりがっこと鮪酒盗(まぐろしゅとう)クリームチーズ」(以上550円)、「もずくのかき揚げ」(580円)、「島らっきょうの天ぷら」(600円)、「ゴーヤーチャンプルー」(680円)、「沖縄そば」(700円)、「お箸で切れる柔らかラフテー」(880円)などを用意する。

 ドリンクメニューは、「琉球王朝30度」や「瑞穂三年古酒」(以上グラス=600円、一合=1,100円)、「春雨カリー」(同=550円、同=900円)など約10種類の泡盛を取りそろえる。そのほか、「さんぴんハイ」(420円)や「グァバサワー」(480円)、「シークワーサービール」、「宝山モヒート」(以上500円)、「果物ごろごろ自家製サングリア」(550円)なども。客単価は3,500円。

 「店内はほどよい広さで、お客さまとの距離が近い。泡盛や沖縄料理に詳しくなくても、聞いていただければ丁寧に説明する」と木村さん。「お客さまのご要望に合わせて、コース料理も提供する。誕生日会や歓送迎会などイベントはもちろん、仕事帰りや休日にもぜひご利用いただければ」とほほ笑む。

 営業時間は17時30分~24時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加