食べる

武蔵小山にそば店「長寿庵」移転 出前対応、おつまみメニューも充実

オーナーの大内善和さん

オーナーの大内善和さん

  •  
  •  

 そば店「武蔵小山 長寿庵」(品川区荏原3、TEL 03-3781-5743)が武蔵小山商店街パルム近くに移転オープンして2カ月がたった。

「武蔵小山 長寿庵」の店内

 小山2丁目で50年間営業していた同店。雪が谷大塚の「長寿庵」ののれん分け。場所は移転前の店から歩いて7分ほどの、商店街近くの事務所跡で、移転に伴い店内を禁煙にした。店舗面積は10坪、席数はカウンター4席、テーブル8席の計12席。

[広告]

 移転の経緯について、オーナーの大内善和さんは「入居していた大家さんの都合で、新しく移転先を探していた。移転先の物件のオーナーとは知り合い。許可を取り、事務所用の物件を新しく飲食店用に改装した」と話す。

 メニューは、自家製麺の「かけ(そば・うどん)」や「もり(そば・うどん)」(以上450円)、「月見(そば・うどん)」(550円)、「鳥南蛮(そば・うどん)」(650円)、「つけとろろ(そば・うどん)」(800円)、「きしめん(関西風)」(600円)、ラーメン(500円)など。そのほか、「カレーライス」(600円)、「親子丼(鳥)」「開化丼(豚)」(以上700円)、「天丼」(850円)、「さばみそ煮定食」「もつ煮込み定食」(以上650円)などのご飯ものも用意する。それぞれ出前も受け付ける。

 「そばだけではなく、ラーメンなど多数メニューを取りそろえている。『あそこに行けば何でも食べられる』という便利な街のそば屋でいたいという考えから」(大内さん)

 おつまみメニューとして、「漬けきゅうり」(100円)、「あじフライ」「メンチカツ」「オニオンスライス」(以上150円)、「目玉焼き」「枝豆」(以上200円)、「板わさ」「玉子焼き」(以上300円)、「かつ煮」、「さばみそ煮」「もつ煮込み」(以上450円)、「天ぷら盛り合わせ」(600円)なども取りそろえる。

 アルコールメニューは、ビール(500円)や焼酎(水割り・お湯割り)(300円)、レモンサワー、ウーロンハイ(以上300円)、千葉県・東薫酒造の日本酒(400円)、そば焼酎(そば湯割り)(450円)などを提供する。おつまみメニューとアルコールの提供は13時から。

 「移転前は近隣の会社員の方が多かったが、移転後は地元の家族連れのお客さまに多くご来店いただいている」と大内さん。「地区が変わったので、前のお客さんにも来ていただきつつ、新しい場所でも愛される店になれれば。安心安全のものを安く楽しんでもらいたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時~14時、17時~20時。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加