暮らす・働く

荏原町にコミュニティースポット「エバフォー」 新井湯が運営

「EBA4」外観

「EBA4」外観

  •  
  •  

 コミュニティースポット「EBA4(エバフォー)」(品川区中延5、TEL 03-6426-2612)が荏原町駅近くにオープンして2カ月がたつ。運営は公衆浴場事業や介護福祉事業を展開する新井湯(品川区)。

「EBA4」店内

 荏原町のコミュニティースポットとして、周辺店舗やヘルスケアの情報などを提供する。店名は同施設の所在地が荏原第4地区であることや、「エバーラスト(永遠に)」や「エブリボディー(誰も皆)」などから。施設面積は10坪。

[広告]

 コンセプトは「ご近所でつながるコミュニティー」。同社社長の新井重雄さんは「かつての荏原町は今よりもご近所同士のつながりが強く、助け合いの風土があった。地域の人がいつでも気軽に集まれる場を設けることで、そんな互助関係を復活させられないかと考えた」と話す。

 施設内には、温熱整体マシン「V3(ブイスリー)」と空気圧式マッサージ機「メドマー」(合わせて30分=500円)、音波マッサージ機「SONIX(ソニックス)」、パナソニックの体幹トレーニングマシン「コアトレチェア」(以上、10分=100円)の4種類のヘルスケア機器を設置する。インソールメーカー「シダス」の職人や同社が運営する介護施設「湯亀(ゆーき)」のケアマネジャーなどヘルスケアの専門家も常駐し、利用者はいつでも相談可。

 そのほか、「京都西陣アップス珈琲(コーヒー) 東京・雪が谷大塚店」から仕入れた豆を使ったコーヒー(100円)の提供やインソールの販売なども行う。

 「今後はヘルスケアや街に関するイベントを定期的に開催する予定。ヘルスケア機器も無料で利用できるようにしたい」と新井さん。「プライスレスな体感と情報を得られる場所なので、気軽に利用いただければ」とほほ笑む。

 営業時間は11時~20時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加