見る・遊ぶ

補助26号線で「神輿連合渡御」実施へ 東京オリパラの機運を高める

「神輿連合渡御」当日のMAP。みこしは武蔵小山駅前から大崎高校まで渡御する

「神輿連合渡御」当日のMAP。みこしは武蔵小山駅前から大崎高校まで渡御する

  •  
  •  

 「神輿(みこし)連合渡御(とぎょ)」が11月3日、武蔵小山駅(品川区小山3)前から東京都立大崎高校(豊町2)前に至る都道補助26号線で行われる。主催は神輿連合渡御実行委員会。

「神輿連合渡御」に参加する戸越六丁目町会の「浅子唐破風造白木二重台輪」

 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」を盛り上げることを目的に行う。「東京2020公認プログラム」にも認証された。

[広告]

 当日はみこしごとに担ぎ手を交代しながら、大崎高校前を目指す。品川区内で代々受け継がれた伝統文化・郷土芸能であるみこし10基が渡御するほか、木遣(きや)りやマーチングバンド演奏なども行われる。

 実行委員会は見どころについて「都道補助26号線で行う連合渡御は今年限り」とした上で、「全長800メートルのアーケードがある『武蔵小山商店街PALM』でみこしを担ぐさまは壮観。品川区の伝統文化・郷土芸能に触れてほしい」と来場を呼び掛ける。

 当日は武蔵小山駅前ロータリーで9時20分に開会式が行われ、9時30分から渡御開始。品川区役所前郵便局付近で14時20分からみこしの総担ぎと閉会式が行われる。しながわ中央公園西側エリアでは11時から14時まで、子ども向けイベントや屋台などの「にぎわいイベント」が開かれる。

  • はてなブックマークに追加