買う

オイシックスが給食牛乳の酪農家を支援 「新型コロナ」一斉休校を受け

四日市酪農の乳牛

四日市酪農の乳牛

  • 54

  •  

 オイシックス・ラ・大地(品川区大崎1)は3月5日、新型コロナウイルス騒動で全国の小中高校が臨時休校になり、牛乳の供給先を失った酪農家を緊急支援する特設ページを「Oisix」内に開設した。

「鈴鹿山麓牛乳1L」

 「Oisix」は、有機や特別栽培野菜など安全性に配慮した食品を宅配するネットスーパー。特設サイトでは、「鈴鹿山麓牛乳1L」を3割引の1本=197円、2本セット=394円で販売している(以上税別)。

[広告]

 同社では今回の一斉休校を受けて、取引がある酪農家に状況をヒアリングしたという。広報担当の丸尾幸子さんは「鈴鹿山麓牛乳を生産している四日市酪農は、地域の学校給食向けに1日約7トン出荷していた。それが突然ストップしたことにより、大変困っていることが分かり、この度の緊急支援を実施することになった」と話す。「四日市酪農とは通年の取引をしており、飼育方法や飼料、品質管理などの状況を把握していたため、すぐに販売支援に動くことができた」とも。

 5日の朝、公式SNSのアカウントでアナウンスしたところ、「もちろん、多めに注文させていただく」「素晴らしい企画。たくさん注文してご近所にも宣伝ついでに配る」といった声援が届いているという。

 他商品の取り扱いの予定については「弊社で取り扱う基準をクリアしていることが販売条件になるため、全ての商品を取り扱うことはおそらく難しい。しかし、自分たちが問題解決に寄与できることには積極的に取り組んでいきたい」と話す。

 サイトでは、クリームラザニアやフレッシュチーズ、ホップバターなど牛乳を使ったレシピを掲載している。「今、外出を控えている子どもたちが牛乳をたっぷり使って作れるレシピも用意した。この機会に、ご家族で料理を楽しみながら酪農家を応援してほしい」と呼び掛ける。