食べる

五反田に「デビルクラフト」 品川区内の自社ブルワリーでビールの製造も

マネジャーの前田さん

マネジャーの前田さん

  •  
  •  

 五反田駅近くに7月4日、クラフトビール&シカゴピザ「DevilCraft(デビルクラフト) 五反田店」(品川区西五反田2、TEL 03-6421-7788)がオープンした。

自社ブルワリーで製造した「X-Alt-ed」(ハーフ=650円、パイント=1,000円)

 運営はデビルクラフト(日野市)。神田店、浜松町店に次ぐ3店舗目となる。店舗面積は約42坪、席数は52席。

[広告]

 カウンター奥に設置されたタップ(ビールサーバーの注ぎ口)は、ポップなデザインのタップハンドで装飾。ビルの9階に位置する店内からは、五反田駅前を見下ろすことができる。

 マネジャーの前田茂々さんは「既存の2店舗と同様に、山手沿線で物件を探した。五反田は外国人のビジネスマンや住民も多いエリアで、実際に外国人のお客さまが半数を占める。クラフトビールとアメリカンフードを、本場のパブに近い雰囲気の中で楽しんでいただきたい」と話す。

 同社は昨年9月、品川区内に自社ブルワリーを開設した。そこで製造するオリジナルビールを、常時5種類ほど用意。そのほか、日本と米国から厳選した約15種類のクラフトビールを提供する。

 ビールメニューは、「ザ・ジェントルマン デビル イン ジョンズ ブラウン」や「ラインラントウィスパーズ」(以上ハーフ=650円、パイント=1,000円)、「セイント アーチャー IPA」(同=800円、同=1,150円)などを提供する。

 フードメニューは、「デビルズチキンケサディーヤ」(800円)や「ワッフルフライドポテト」(500円)のほか、モッツァレラ、パルメザン、プロボローネの3種のチーズとオリジナルのトマトソースをベースにしたシカゴピザ「デビル・ダディ」(スモール=1,300円、ラージ=2,600円)などを用意する。客単価は4,000円~5,000円。

 今後の展望について、「飲みやすいフルーツビールから、ホップをふんだんに使ったインディア・ペールエールまで、さまざまなビアスタイルを提供している」と前田さん。「クラフトビールを味わったことのない人にこそ来店いただきたい。ビジネスマン、ファミリー、女性グループなど、幅広い世代のお客さまに楽しんでいただければ」とほほ笑む。

 営業時間は17時~23時(土曜は15時~23時、日曜・祝日は15時~22時)。

  • はてなブックマークに追加