食べる 見る・遊ぶ 買う

「池上線全線祭り」開催迫る 200店超で特典受けられるワンデーチケット販売も

昨年開催された「池上線フリー乗車デー」での戸越銀座商店街の様子

昨年開催された「池上線フリー乗車デー」での戸越銀座商店街の様子

  •  

 「池上線全線祭り」が11月23日、五反田駅から蒲田駅を結ぶ東急池上線沿線で始まる。主催は東京急行電鉄(渋谷区)。

洗足池でボートを楽しむ様子

 同イベントは、東急池上線沿線の活性化を目的とする「『生活名所』プロジェクト」の第2弾。昨年10月には、同プロジェクト第1弾として「池上線フリー乗車デー」を開催した。乗車数は約56万9000人、池上線の認知度は63.7%(イベント前54.3%)となった。

[広告]

 同イベント広報担当者は「昨年は地域の商店街や店舗、企業の方々に協力いただき盛況だった。今回も地域の方々を中心にイベントを盛り上げていくことで、池上線沿線の魅力を伝えられたら」と話す。

 当日は、東急池上線各駅でさまざまな企画イベントを行う。戸越銀座駅と池上駅の各商店街では、店舗前にテーブルを設置し、名物メニューを食べ歩きできる「ストリートビュッフェ」を展開。洗足池公園では、ボートハウス屋上をテラスとして開放するほか、ボートの無料乗艇(先着109組限定)を行う。

 今年は江戸無血開城150年にちなみ、勝海舟と西郷隆盛のゆかりの地を巡る「幕末・明治スタンプラリー」とのコラボ企画も行う。勝海舟の別荘があった洗足池と西郷隆盛が本陣を置いた池上本門寺周辺の店にスタンプ台を設置し、鹿児島県産食材を使った「勝丼」「せご丼」を販売する。洗足駅と池上駅では、スタンプを集めて参加できる「無血開城抽選会」を行う。

 そのほか、東急線各駅で現在販売している「東急ワンデーチケット」(660円)を提示すると、池上線沿線の200店以上で使える特典も用意する。「ほっとスポット戸越銀座」ではコロッケ1個と引き換えできる「歩きコロッケカード」、洗足池駅近くにある鮮魚店「魚忠」では100円サービス券、久が原駅近くの「昭和のくらし博物館」ではオリジナル絵はがき進呈を行う(以上、準備数無くなり次第終了)。

 担当者は「今回は持ち帰り用のごみ袋やマナー啓発の冊子を配布するなど、環境面にも気を配った。一路線全駅でイベントを行うのは首都圏の鉄道会社では初の試み。ぜひワンデーチケットで、一駅一駅を楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 11月24日まで。