食べる

戸越銀座商店街に「エチュード モンズ カフェ」 朝食や昼食の時間を大切に

「ETUDE-MONZ-CAFE」外観

「ETUDE-MONZ-CAFE」外観

  • 41

  •  

 「ETUDE-MONZ-CAFE(エチュード モンズ カフェ)」(品川区平塚2、TEL 080-7362-4636)が戸越銀座商店街にオープンして1カ月がたった。経営は、商空間のデザイン事業を展開するブエナデザイン(同)。

 門前仲町に店を構える「MONZ CAFE(モンズ カフェ)」(江東区)の姉妹店。

[広告]

 開店経緯について、オーナーの鈴木泰一郎さんは「以前から戸越銀座でカフェをやりたいと思っていた。コンクリート構造で古い建物という、理想の条件通りの物件に出合ったタイミングで出店を決めた」と話す。店舗面積は18坪。

 店名の由来は「音楽用語で練習曲を意味するエチュード(ETUDE)から。都心に出掛けなくても良い店が地元にあるという意味を込めた。また、『戸越』を反対から読むと『越戸(えつど)』になる」と鈴木さん。「日本では日中の食事を軽く、夕食を豪華に食べる人が多く感じる。ところが、海外では朝食や昼食を大切にして、そこでの会話を楽しんでいる人が少なくない。日本でもそうした文化があったらいいなと考えた」とも。

 オープンから11時までのメニューは、栄養バランスを意識した「ブレックファーストプレート」(700円)を提供する。以降は「ローストビーフのオープンサンド」(1,200円)、「スモークサーモンとアボカドのオープンサンド」(1,300円)、「すももと生ハムクリームチーズのオープンサンドプレート」(1,200円)、「巨峰とシャインマスカットのフレンチトースト」(1,000円)、「バスクチーズケーキ」(550円)など。月替わりのメニューも用意する。

 ドリンクメニューは、「ラテ」(550円)、「カプチーノ」(470円)、「フラットホワイト」(470円)、「ティー」(500円)、「抹茶ラテ」(520円)、「100%ジュース」(オレンジ・アップル=450円)などをそろえる。ケーキ類とドリンクはテークアウト可(価格は全て税別)。

 「店内は会話が弾むよう、にぎやかな雰囲気を意識している。出勤前の時間や、休日の朝食を大切にして、良い時間を過ごしてほしい」と鈴木さん。「今後はブランチメニューを増やし、季節に合わせたフレンチトーストも提供したい。下町を盛り上げていけたら」と意気込む。

 営業時間は、平日=9時~19時、土曜・日曜=8時~20時。新型コロナウイルス感染症対策として、消毒液を設置して座席間隔を広くするほか、スタッフはマスクを着用する。

Stay at Home