フリーペーパー「スリータイムズプレス」創刊-目黒駅でも配布開始

東急沿線に住む忙しいビジネスパーソンのためのフリーペーパー「3TIMES PRESS」。JR駅改札と接する東急目黒線の改札横で配布している。

東急沿線に住む忙しいビジネスパーソンのためのフリーペーパー「3TIMES PRESS」。JR駅改札と接する東急目黒線の改札横で配布している。

  •  
  •  

 リクルート(中央区)が創刊した「3TIMES PRESS(スリータイムズプレス)」の配布が8月31日、東急目黒駅構内でスタートした。

 同誌は、「充実したビジネスライフとは家族や恋人と過ごす週末にこそある」をコンセプトに据え、東急沿線に住むビジネスパーソンをターゲットにしたフリーペーパー。「仕事、週末、アフター5」という3つの時間を切り口に、同沿線上の魅力や新しい週末の過ごし方などを提案する。発行部数は7万部。毎月隔週の月曜日に東急電鉄の主要44駅・48ラックで配布する。

[広告]

 創刊号は「秋の5連休どう過ごす? 予算別・タイプ別 最適プランはこれ!」(週末TIME)、「音楽は趣味であり遊び ポイントは“布団”の中に」(趣味TIME)、「HV車ヒットの理由とEV車の実力は?」(仕事TIME)などを掲載。記事内には「クレイジーケンバンド」の横山剣さんやタレントのつるの剛士さんなどが登場する。

 同誌副編集長の大狼章弘さんは「昨日の歴史的な政権交代に続き、台風11号の接近によって本誌への逆風が吹き荒れる創刊日になってしまった。しかし、配布現場で行ったサンプリングでは順調に読者を獲得しており、手応えを感じている。新政権が生活者目線を打ち出しているように、本誌も生活者の目線を大切にしながら、新しいライフスタイルを提案するビジネスフリーペーパーを目指したい」と話す。

 広域品川圏内での配布場所は、目黒駅、不動前駅、武蔵小山駅、西小山駅、五反田駅、旗の台駅の6駅。

  • はてなブックマークに追加