食べる

東五反田に担担麺「護摩龍」 赤・黒2種、5段階の辛さを用意

「地獄の担担麺 護摩龍(ごまりゅう)五反田」の外観

「地獄の担担麺 護摩龍(ごまりゅう)五反田」の外観

  •  
  •  

 五反田駅東口エリア、ソニー通り沿いに5月1日、「地獄の担担麺 護摩龍(ごまりゅう)五反田」(品川区東五反田2、TEL 03-5422-8685)がオープンした。

店内の様子

 同店は、昨年9月にオープンした「護摩龍 百人町総本山」(新宿区)に次ぐ2店目。運営はアレッジリンク(神奈川県)。店舗面積は約7坪、席数は15席。

[広告]

 出店の経緯について、店長の小川学さんは「これまで同ブランドを知らなかったターゲット層にもアプローチしていきたいと思い、2号店は新宿区から程よい距離にある五反田を選んだ。オープンしてから、ビジネスマンを中心に来店いただいている」と話す。

 メニューは、「地獄の担担麺・護摩龍(1辛)」(800円)や「阿修羅(あしゅら)(15辛)」(900円)、「血の池(30辛)」(950円)など、5つの辛さを用意する。そのほか、自家製マー油を使用した担担麺「黒の修羅場・(修羅1号)(10辛)」なども。ランチタイムは小ライスを無料で提供する。

 トッピングは、「バター」(50円)や「ホウレンソウ」「のり」「うずらの卵」(以上100円)、「肉味噌(みそ)」(200円)を提供する。「ニンニク」「アブラ」は無料で追加できる。

 「ごまをふんだんに使った、風味豊かな超濃厚担担麺を味わっていただきたい」と小川さん。「脂は控えめなので、女性も食べやすいと思う。気軽に来店いただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は11時30分~15時、17時30分~22時。(スープがなくなり次第終了)。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加