3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 学ぶ・知る

2020上半期・品経PV1位は「ヤザワミート」の精肉販売 コロナ禍で地域ニュースも変化

「ヤザワミート」工場前で精肉を小売り販売する様子

「ヤザワミート」工場前で精肉を小売り販売する様子

  • 141

  •  

 品川経済新聞の2020年上半期PV(ページビュー)ランキングは、「白金の『ヤザワミート』工場前で精肉販売 期間限定、消費者と畜産農家のパイプ役に」が1位を獲得した。同ランキングは、今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのアクセスを集計したもの。

 精肉卸業を営む「ヤザワミート」(港区白金3)は、ハンバーグ店「ミート矢澤」(品川区西五反田2)やしゃぶしゃぶ・すき焼き店「今福」(港区白金1)などの飲食店を運営している。新型コロナウイルス感染症の拡大による外出自粛やスーパーの混雑を受け、「お世話になっている畜産農家と消費者のパイプ役を担いたい」と、同社工場前で精肉の小売り販売に踏み切った。

[広告]

 今回の取り組みの反響について、ヤザワミート副社長の東海林一紀(しょうじかずき)さんは、「日頃の恩返しとして始めた期間限定の精肉販売だったが、応援してくれるお客さんに支えられていることを改めて実感した。今後の財産になるような意見もたくさんもらえた」と話す。販売所では来店客の日々の困り事を聞き、簡単な調理で食べられる総菜を増やすなど、商品ラインアップに反映させていったという。

 販売継続を希望する声に応え、7月以降も月に1度は小売り販売日を設ける見通し。次回は7月25日予定。

 上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 白金の「ヤザワミート」工場前で精肉販売 期間限定、消費者と畜産農家のパイプ役に(4/3)

2. 京急品川駅の高架下「品達品川」閉館へ 駅改良工事の影響で(2/21)

3. 大井町にバナナジュース専門店「セブンデイズ バナナ」 伊勢のカフェ発、都内初出店(3/24)

4. 武蔵小山にうどん専門店「島うどん ねこでこ」 高田延彦さんと向井亜紀さんがオーナー(2/20)

5. 大井町駅近くにラーメン店「社井田」 八王子から移転、「宇宙刑事シャイダー」への思い胸に(1/29)

6. 五反田で「TEDxGotanda」開催 品川区初のTEDx(1/20)

7. 広域品川圏の飲食店でテークアウト続々 外食自粛に対応、持ち帰り呼び掛け(4/2)

8. 西五反田に飲食店「グッドオールドダイナー」 古き良き洋食店をイメージ(1/22)

9. 荏原町に唐揚げ専門店「カリッジュ」 フライドポテトやコロッケも販売(1/16)

10. 「品川開発プロジェクト」住民説明会 2020年秋の工事開始に向けて(2/18)

 飲食街「品川品達」の閉館や「品川開発プロジェクト」など、品川駅周辺の再開発に関するニュースがランクイン。4月は新型コロナウイルス感染症の影響により、テークアウトに取り組む飲食店が急増し、バナナジュースや唐揚げといった持ち帰り専門店の開業ニュースも注目の的に。ラーメン店「社井田」は6月に一時休業を決め、SNS上では再開を応援するファンからのメッセージが寄せられた。現在は再開に向け奮闘中だという。

 2020年上半期はコロナ禍によって、品経エリアでも多くの企業や商業施設、飲食店が対応を迫られた。今後も日々変化する状況下で、品川経済新聞は各所の取り組みや工夫を読者に伝えるために、引き続き街の動きを追っていきたい。

Stay at Home