食べる

大崎広小路に居酒屋「曲宴あぎ」 77の酒蔵の日本酒用意

「曲宴あぎ」の外観

「曲宴あぎ」の外観

  •  
  •  

 居酒屋「曲宴あぎ」(品川区西五反田1、TEL 03-6417-9855)が大崎広小路駅近くにオープンして2カ月がたった。

「曲宴あぎ」の店内

 同店は「和酒バール AGI」(西五反田1)の2号店。ラーメン店「つけそば 麺彩房 五反田店」跡を改装した。店内は木材を基調とし、落ち着いた和の雰囲気にこだわったという。店舗面積は21坪、席数は32席。

[広告]

 コンセプトは「Farm to table」。店主の平見浩志さんは「食材は鮮魚、干物、豚肉、牛肉、野菜、お米の6つにこだわり、実際に話をしてつながりができた生産者から直接仕入れている。1号店は誰もが気軽に日本酒を楽しめるバルスタイルだが、2号店は接待利用なども見込んだ落ち着きのある和食居酒屋を意識した」と話す。

 ランチメニューは、「唐揚げ定食」(800円)や「個数を選べる唐揚げ定食」、ハイパー干物クリエーター・藤間義孝さんの干物を使った「干物定食」「肉豆富定食」「豚肉の生姜(しょうが)焼定食」(以上900円)などを用意する。ご飯、みそ汁のお代わり無料。

 フードメニューは広島県福山市・なかやま牧場のなかやま牛を調理した「炙(あぶ)り和牛の肉じゃが」 (1,500円)や「牛肉とセロリのキンピラ」(700円)、千葉県多古町・ジェリービーンズの元気豚を使った「元気豚の温しゃぶサラダ~八方出汁(だし)仕立て~」(900円)、「元気豚の塩角煮」(1,000円)などを提供する。そのほか、「出汁巻卵」(700円)や「里芋の唐揚げ」(500円)、「梅水晶」(600円)なども取りそろえる。

 ドリンクは全国77棟の酒蔵から厳選した日本酒をメインに取りそろえる。日本酒は全品均一料金(90ミリリットル=500円、180ミリリットル=1,000円、360ミリリットル=2,000円)で、銘柄は越銘醸「山城屋」、澤田酒造「白老」、平和酒造「紀土」、八百新酒造「雁木」、富久千代酒造「鍋島」などを用意する。そのほか、「サントリー ザ プレミアムモルツ MASTER'S DREAM(山崎原酒樽熟成)」(800円)、「シトラス酒(山の井)」(600円)なども。

 平見さんは「2号店は、日本酒のことをより深く知ってもらえる場所になっているはず。日本酒はもちろん、「あれが食べたい」と店に来てくれたらうれしい。料理を通じて生産者の思いを伝え、お客さんと生産者の縁をつなぐお手伝いができれば」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時~24時(土曜・日曜・祝日は15時~)。

  • はてなブックマークに追加