食べる

大井町に鮮魚居酒屋「ゆいと」 豊洲直送の鮮魚メイン、昼営業も

店長の伊藤僚汰さん

店長の伊藤僚汰さん

  •  
  •  

 鮮魚居酒屋「SAKANASAKABAゆいと」(品川区東大井5、TEL 03-6718-4995)が大井町駅東口エリアにオープンして1カ月がたった。

「SAKANASAKABAゆいと」の店内

 場所は「串カツ しろたや 大井町店」跡。店内には一人客向けのカウンターと、団体向けのテーブル席を用意する。店舗面積は17坪、席数は35席。

[広告]

 店長の伊藤僚汰さんは、和食店とフランス料理店での経験を経て独立。店名は伊藤さんの息子の名前にちなんでいる。開店の経緯について「以前に大井町の別の店で働いており、街の雰囲気が気に入っていた。物件を探していたら、たまたまタイミングよく物件に空きがあり、出店を決意した」と話す。

 ランチメニューは「鰯のなめろう丼」(750円)、「漁師丼ぶり」「初かつおのタタキ丼」「豚の角煮定食」「鶏の竜田揚げ定食」(以上800円)、「お刺身定食」(1,200円)などを用意する。全てにサラダ、自家製おしんこ、みそ汁が付く。

 料理は豊洲市場から直送した魚介類を中心に用意する。ディナーメニューは「皮ハギのお造り」(880円)や「盛り合わせ6種」(小=1,280円、中=1,980円、大=2,680円)、「まぐろアゴ肉塩焼き」(600円)、「蒸し黒あわび肝のソース」(1,200円)、「ギンダラの煮つけ」(980円)、「あゆの塩焼き」(750円)など。そのほか「とうもろこしの天ぷら」(480円)、「森林鶏の竜田揚」(750円)、「自家製ソーセージ」(650円)、「カキの炊き込みご飯」(680円)なども提供する。ランチ・ディナーメニューは仕入れによって随時変更する。

 ドリンクは「サッポロ黒ラベル」(中=450円、大=800円)、ハイボール、ジャスミン割り、緑茶割り、ウーロン割り(以上、中=390円、大=780円)、生レモンサワー、梅干しサワー、シークヮーサーサワー(以上、中=430円、大=800円)、「あらごし梅酒」(600円)などを用意する。伊藤さんが全国から厳選した日本酒も各種取りそろえる(価格は全て税別)。

 伊藤さんは「安いものを安く提供するのではなく、品質のいいものを安く提供することにこだわっている。『大井町で魚といえばゆいと』と言ってもらえるよう、この街で長く続けていきたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時30分~14時、17時30分~23時30分。

  • はてなブックマークに追加