暮らす・働く

北品川にコワーキングスペース「レイテラス」 床全面を人工芝に

「Ray Terrace」のコワーキングスペース(提供:Ray Terrace)

「Ray Terrace」のコワーキングスペース(提供:Ray Terrace)

  • 31

  •  

 コワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」(品川区北品川1、TEL 03-6822-5449)が8月24日、北品川駅近くにオープンした。運営はレイテラス(同)。

受付。スリッパを着用(提供:Ray Terrace)

 八ツ山通り沿いで、1階の「天婦羅(てんぷら) うえじま」が目印。ビル2階にコワーキングスペースを、3階に貸し会議室とレンタルスペースを設けた。内装の大部分はオーナーらによるDIYで、床に人工芝を敷いて土足禁止とし、各所に植物を配置。屋内なのに屋外テラスのような内装から命名したという。店舗面積は2フロア合わせて90平方メートル。Wi-Fiと電源を備える。

[広告]

 オーナーのマクリンさんがアウトドア関連事業を営む永野由貴さんと共に、オープンに向けて3月から取り組んだ。「コワーキングスペースを作るのが夢だった。コロナ禍でテレワークが浸透したが自宅では集中できない方のために、第3の働ける場所を提供したい」とマクリンさん。「北品川商店街が近いので、自宅のようなリラックスした雰囲気を感じてほしい」とも。

 コワーキングスペースは10席で、1人分の机の幅は115センチメートル。隣席とはパーティションで仕切る。簡易的な防音室があり、オンライン会議や電話、談笑スペースとして利用できる。

 貸し会議室は4~6人用で、43インチの液晶モニターやホワイトボードを備える。レンタルスペースは10~14人用で、備え付けのプロジェクターを使ったパーティーやセミナー、習い事の会場としても利用可。

 料金はコワーキングスペースが3時間=1,000円、6時間=1,500円(超過料金は1時間につき500円)、1日=2,000円、月額会員(3名限定)=1万5,000円。貸し会議室は1時間=1,000円、レンタルスペースは同=1,500円、ワンフロア貸し切り(15~20人用)は同=2,000円。支払いはクレジットカード、交通系IC、電子マネーiDによるキャッシュレス決済のみ対応する。

 「オンラインサロンやブログ、ユーチューブなどの運営、副業の支援などもできるので、地域に根付いたお手伝いをしていきたい」とマクリンさん。「北品川の住人が活動する拠点として利用いただければ」とほほ笑む。

 営業時間は11時~21時。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、受付にアルコール消毒液の設置。入店時の検温、マスクの着用を促す。

 オープンを控えた8月20日、新型コロナウイルス感染症対策にかかる費用を賄うため、クラウドファンディングサイト「Makuake」で、プロジェクト「旧東海道の名残りある北品川で挑戦! アフターコロナで求められる新しい働き方の探求」を立ち上げた。目標金額は30万円。開始1週間で約19万円の支援が集まっている。9月20日まで。